読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る水面のドブイナジー

書評とイマジンを、だだもらしていこうというヴログ。

光る水面のドブイナジー

こんなことを気にかけるのは、世界ひろしといえども自分ぐらいであるが、そう。このなにがなんだか分からないヴログのタイトル「暇人のイマジン」(170520当時)について気にかけている、今。

 

というのも、同じタイトルのヴログやらなにやらを、たまたま発見するに至ったからである。

事の顛末を書くと、あまり教えたくなかったが知人に「ヴログをやっている」ことを伝えることになってしまった。あまり教えたくなかったのは、あれ、深層プライベートの保守、みたいなものからね。そんで、ヴログのタイトルを伝えた。

して、暇人のイマジン、で検索をかけてみると、実に色々出てきた。そうである。

 

今思えば、タイトルは変遷してきた。といっても前がどんなだったかあまり覚えていない。2、3度変わったような気がする。変わったというか、変えたの方が正しい。なんとなくフィット感というか、フィーリングが合わないっすよね、みたいなパープリンなスタンスで僕はいた。

そんで、暇人のイマジン。思いついた時、「うほっ、暇人のイマジン。いいでないですかー、暇人がイマジン。イマジンのイマジン、暇人は暇人。いやあ、いい思いつき、アイデーアだ。ユニーク、うほほほほほほ、語呂語感よかー、うほほほほほうひひひひひ」と思った。

 

馬鹿者だった。暇人のイマジンは、花といえばチューリップ、くらいにありふれたアイデーアであった。ユニークの欠片もなかった、っていうかむしろユニクロのように普通な感じしかない。

冷静になってみると、なにが暇人のイマジンだ。馬鹿丸出しでないか。阿呆丸出しでないか。そういえば、バカ丸出しというフレーズはたまに聞くが、アホ丸出しというフレーズはあまり聞かないような気がするのは何故なんだろうか、アホはあまり露出してこないのだろうか。それはこの際どうでもよく、暇人がイマジンしててだからなんだってんだい、え。

とかつての自分に問いただしたい。

 

問いただしてみると、問いただされた自分は正座して肩を縮こまらせているだろうがこう言うだろう。「じゃあ、どうしたらいいんですか」。

答えを即座に聞きたがる・聞けると思っているのは現代人の悪い癖だ、みたいなことをどこかの爺さんが言っていたが、これはある程度その通りで、「てめえで考えろ」と叱咤・激励されるのがオチである。

 

が、この場合のてめえは、文字どおり手前であり、つまり自分なのでやはり自分で考えなくてはならない。ならなくなった。

気分は、イソップ物語に出てくる犬である。あの、肉を咥えながら川面に映った自分を見て、その映った自分の肉も取ろうとした結果、咥えていた肉を川に落としてしまう、というあの間の抜けた犬野郎。

 

 

ということで、犬野郎の気持ち・ハートで考えた。したところ、この犬野郎の状況・心境は以下のようなものだったと思われた。

 

古代ギリシヤの片田舎、日本でいうと鳥取県のようなところに小汚く黒い犬がいた。飼い主がないため名前はなかったが、村人からはその容姿からドブと呼ばれ、それはなんだか側溝のドブを連想させて切ないので、自分ではドビーと言い聞かせていた。

ドビーは身寄りの者がない、年老いた野良犬だったので、その日の食うものにいつも困っていた。街の貝塚に人間の残り物や他の犬の食べ残しがないときは、森でドングリを食べたり川で雷魚の死んだのを食べていた。

そんなある日、テムズ川にかかる橋を渡ろうとしていたドビーは目を疑う馳走に出会う。肉が落ちていた。ドビーははるか昔、精肉屋の近くをうろついていた時に肉屋のおっさん(アーノルド・ラスタマン)が客に肉質の説明をしていたのを聞いていたので、目の前の肉がA5クラスの肉であることが分かった。なんでテムズ川の橋にそんな肉が落ちていたかというと、アーノルド・ラスタマンの甥っ子であり運送屋を営むパプワ・ラスタマンが輸送の際に偶然落としていったからだった。パプワ・ラスタマンは楽天家で、少し詰めの甘いところがあり、これまでにも何度か肉を落として生きてきた。というのはドビーにとってどうでもいいことだった。ていうか、とにかくドビーは嬉しかった。感動のあまり毛が抜け、脳内麻薬が分泌され、そのまま桃太郎と鬼退治に向かっても良いとすら思った。しかし、ここはエウロパ。桃太郎は岡山県にいたので、桃太郎に着いていくことはできなかった。桃太郎に着いていけなかったので、仕方なく走るしかなかった。ドビーはうれしさのあまり、イナジーに溢れていたのである。

イナジーの許す限り、ドビーは走った。テムズ川を越え、ドナウ川を越え、セーヌ川を越え、ライン川のほとりでイナジーが尽きた。肩を揺らして息をした。走っているときは気付かなかったが、川っていいもんだすな、きれいだよ。水面が光って、魚がはねてその水面が揺れて。風が吹いて、また水面が揺れて。波紋が広がって、それが幾何学的で。つうか幾何学的ってなんだ。つうか川、きれい。

そう思ってふと、ドビーは川を覗き込んだ。してみると、そこに肉を咥えた犬めがいるではありませんか。「ややっ、その肉は見たところ相当上等な肉でないかい、ていうかこいつ汚い。しかも年老いて弱そうだよね、正直。他の人のものは取っちゃいけませんて、どっかの誰かは言ってたけどそりゃ平和な世の中で守られた温室野郎の綺麗事よ。こちとら生まれも育ちも野良犬でえ。いわばアウトローの権化でさあ。弱肉強食があちきのモットーでがんす。さあ、痛い目にあいたくなかったらおじいさん、その肉をこちらへ渡しておくんなさい」と犬語でわんわん言い、その肉を取ろうとしたところ。ドビーの咥えていた肉が川に落ちた。それは刹那の出来事であり、気付けば肉は枯れ葉が空に舞うようにユラリユラリとライン川の水底へと落ちていった。

ドビーは、己の愚かさに気付いたが、残ったのは虚しさと悲しみ、そういうこの世のネガティブなものが渦巻いたような、ドブのような感情であった。

 

 

という感じである。といってもアレですが、とりあえずこの犬野郎の気持ちになって考えてみた結果、心に思いついたのは「ドブ、雷魚、ラスタマン、イナジー、渦、光る水面」などのフレーズ。なんとなくポジティブなものから、ネガティブなもの、どちらでもないものなど色とりどりである。

こんなものからタイトルを捻出することは可能だろうか。可能である、と僕は思う。思いたい。

なんとなれば、この世に存在する森羅万象、有象無象にはすべて二面性がある。例えば、台風は災害をもたらすが、なければないで降水に悪影響がある。暴走族はブボブボうるさいが、化石燃料の流通には役立っている。ハサミで人を傷つけることもあるが、使い方次第で人には切れないものをきれいに切ることができる。あらゆるものが正負の異なる相を有している。

 

ということを念頭に置けば、これらのフレーズからタイトルを捻出することは、いける。このタイトルは自分を表すものであり、その自分は二面性の持ち主だ。ということは、この二面性を有するように異なるニュワンスのフレーズを配置すれば、それは物事の肝をついたものと成り上がる、という狙い・作戦である。

つうことでできたのは、「光る水面のドブイナジー」というタイトル。雷魚とラスタマンは渦に飲まれて、どこかへ行ってしまった。

このタイトルの云わんとするところは、「キラキラ光る水面・川面って綺麗だけど、その下にはドブがあるのだよ。綺麗な花にはトゲがある。綺麗な川にはドブがある。それが僕らのイナジーさ」ということである。

 

そういうことを、これからは書いていこう。