光る水面のドブイナジー

読んだ本とイマジンを、だだもらしていこうというヴログ。

町田康 「リフォームの爆発」

作家という人種はなんでも本にしてしまうらしく、この本はというとそのタイトルの通りリフォームについて書かれた本である。はきといって、珍書。


リフォームの経緯は諸説あり、作中でも述べられているが、「スピンク」や「猫」のエッセイと併せて読むと、よりいっそう現実味と臨場感が加味される感じで、よい。

 

リフォームの爆発

リフォームの爆発

 

 あらすじ、なんてなものでもないが、本作はなんだか知らんが論文調に書き始まっており、次のような章立てが一応ある。

1、リフォームとはなにか
2、リフォームの工事について
3、リフォームの効果について
4、リフォームの金額について
5、リフォームの今後について

とのことで、「わあ、なんかいつもと違うテイストだすなあ、お堅いのかなあ」と面食らうかもしれない。が、その心配はご無用で、というのも読んでいくと分かるのだが、その後こうした体裁で話を進める様子が一切ない。安心するような、ちょつぴり裏切られたような、安心するような。そういう複雑な、ファジイな乙女心を感じさせなくもない。

まあ、章立てで理詰めで上のようなことを語るのではなく、町田康の観察眼と語彙、妄想・思考実験によってそれらが描かれている。

 

 

町田康が言うには、リフォームには「永久リフォーム理論」という落とし穴があるそうで。これは、「ある個所に不具合があってそこを直して不具合を解消するのがリフォームであるが、その不具合解消のために不具合の具合を調べてみると、思いもよらなかった潜在的な不具合に気付いてしまうこと」を指している。
そして、この落とし穴に対処すべく町田康は3つの理論を開発した。すなはち、
・夢幻理論
・御の字やんけ理論(正式には、不具合を解消しようとするも解消しきれず生じるであろう不具合を解消することによって最初の不具合は完全に解消できなかったがけれども生ずる不具合というのは考えてみれば今も生じている不具合でそれがなくなるだけでも御の字やんけ理論)
・夢幻ポイント因縁理論

という理論である。これらがどんな理論なのか、というのが気になるのが人情である。が、それを記述するのはしんどいので、気になる御仁は町の図書館に行くか、未来や書店などで取り寄せると、図書館の係の人や未来や書店の店長なども嬉しみを感じてくれるし、その理論を知ることができるし、ウインウインであると思う。

 

という感じで、これらの理論を駆使し、時には笑い、時には涙し、時には踊って町田康のリフォームは着々と進んでいく。「スピンク」や「猫」エッセイで、家や引っ越し、リフォームのことが語られることがあったが、その裏でこげな地道な姿があったとは・・・目からうろこが落ちました、町田康万歳。という感じ。

 

職人さんや担当者とのやり取りも、町田康の観察眼が光って面白い。特に、ある頑固で職人気質な職人さんを恐れていたが、ある事件をきっかけにやや和解するも4日後にはまた恐れるようになる「警備会社の侵入事件」や、流し台を運ぶ怖そうな職人さんに勇気りんりんで意見する「鰯のフリッター事件」など、エトセトラ。

 

 

とそんな風なリフォームに対する町田康の考えというのは、けっこう多くの「リフォームしようかな、と考えている人」や関連業者の方が現実で直面することでもある気がする。
前者にとってはリフォームの体験談として、後者には顧客がどんなことを考えているのかを知るすべとして、わりかし有用な書であると思いまふ。