光る水面のドブイナジー

読んだ本とイマジンを、だだもらしていこうというヴログ。

ジャックデリダの言葉から 馬

「テクストの外などというものは存在しない」。
少し前の朝日新聞のコラムにあった。フランスの哲学者、ジャックデリダの言葉である。
歴史とは、無数の出来事の中からある事実を選別し、文字化して編集されたものだ、といったところらしい。こうした作業の裏には、歴史として残らない物事がある。

小中学校の時分、歴史の授業で【屯田兵】という存在を知った。北海道開拓の功労者として広く認知されている。だが、彼らと同じように、あるいはそれ以上に貢献していた馬の存在は彼らほど知られてはいない。

「馬のねぇ生活なんて考えられなかった。こいつらがいたから、俺たちはここで生きてこられたんだ」。北海道・帯広の競馬場で調教師をされている方から伺った話だ。帯広競馬場では、馬におもりを引かせて競うばんえい競馬というレースが行われている。馬の品種は重種に分類され、よく知られるサラブレッドと比較してみるとその体躯はゆうに2~3倍大きい。

おもりを引く、という独特のレース形態は馬たちが生活の一部にあった頃の名残だ。農作業や炭坑の採掘、運送といった場面に必ず馬の姿があった。
【馬力】という言葉があるように、馬の力は人間のそれを遥かに凌駕する。馬なくしては、今の北海道がなかったとも語られる。

しかし、そんな馬の役目も終わりを告げる。高度経済成長とともに訪れた、モータリゼーションをはじめとする各分野での技術革新である。
馬車の代わりに自動車が走り、畑には堆肥でなく化学肥料がまかれた。速くスマートな発明品を前に、馬はもはや時代のお荷物と成り下がった。

そこで新たな利用価値として競走馬の道が開かれた。興行はけして順調ではないが、近年ではその歴史的な価値が見直されつつもある。
歴史の選別は致し方ないものたが、もし私たちがこの馬のことを忘れてしまえば、それは北海道の文化の灯がひとつ消えることになる。