読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る水面のドブイナジー

書評とイマジンを、だだもらしていこうというヴログ。

入院日誌7 Siriは何でも知っている

聖バレンタインは何事もなく、木枯らしのように吹きすぎていった。

なんで。痔で入院してるからか。それともそれ以前の問題か。後者はまあ甘んじるしかないが、痔が理由だとしたらそれは許されない事である。全国の痔が黙ってはいない。2017痔之一揆のはじまりよ。
僕はもはや、完全な痔擁護派の人間なんだす。


そんなこんなで痔擁護派の一人として、昨今気になって冷めやらぬのは、「痔」という字の読み方ね。
僕はこれを「ぢ」と、読んでいた。しかし、恐るべき事態が起こった。誰にって僕に。

というのも、今こうして文字を打っているスマート・フォンで「ぢ」と入力しても「痔」が出てこないのである。「ぢ」で出てくるのは、血、千、ヂ、di、Di、知恵、茶屋などであり、特に茶屋はよく分からない。


もしかしたら、「ぢ」ではないのか。と訝った僕は入院中の痔仲間と三時間ほどこの問題について話し合った。結果、みな「ぢ」だと思っている。
やはり、スマート・フォンがおかしいのか。

そこで、なんでも知っているというSiriに聞いてみることになったんですな。尻のことだし。Siriは何でも知っているのだ、そう、iPhoneだから。
しかし悲しきかな、誰もiPhoneを持っていない。Siriに聞くことが叶わず、図らずも切ない。

だがここでただ切ながっているだけでは、痔になった甲斐がないというもの。ここはひとつ心を奮わせて、Siriの代わりに語源辞典をひもといた。
答えが全部あった。

痔は呉音で「ジ(ヂ)」、漢音で「チ」と読み、漢字音に由来する。
普通、「ち」の濁音「ぢ」には「じ」が用いられるが、痔の治療薬販売で有名な『ヒサヤ大黒堂』が「ぢ」と表記することから、「痔」には「ぢ」が用いられることも多い。
漢字は病垂れに「寺」と書くため、お坊さんが座禅で痔になりやすいなど「寺」に関連付けた俗説も多くあるが、寺とは全く関係ない。
「寺」は「峙(そばだつ)」を表し、「じっととどまる」「動かない」といった意味がある。
つまり、肛門付近にとどまる(峙)病なので、「痔」という漢字になったのである。

引用元: http://gogen-allguide.com/si/ji.html


ということである。
なんか曖昧な感じですが、要はその昔、ヒサヤ大黒堂が遊び心で「ぢ」にしちゃったと。それで薬が売れに売れて、いつしか「ぢ」で定着しちゃったと、そういうことなのかね。

ということは、スマート・フォンは間違っていなかった。ていうか、「じ」であろうと「ぢ」であろうと正直どっちでもよかった。間違っていたのは、「痔」には唯一の真正なる読みがあると盲信していたこの私。
謙虚に生きよ、という痔の教えなのかもしれない。

とにもかくにも、痔擁護派としてまた新たな痔の見識を得ることができた。嬉しい。明日も痔擁護派として生きよう。そして明後日も。