読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人のイマジン

書評とイマジンを、だだもらしていこうというヴログ。

ぼんぼんぼぼぼんぼんぼぼぼぼんぼんぼぼぼんぼん

よしなし

たまーに、この歌を口ずさむ時がある。この歌って、なんだ、あれ、線路に少年が立って歩く映画。

スタンドバイミーだ。

曲名もスタンドバイミーていうのかどうなのか、その辺は知らんが、とにかくこのぼんぼんぼぼぼんがたまーにふと脳内に流れる。生きてるとね。

そんで、今日はそれが流れる日だった。車を運転してる時だった。

ぼんぼんぼぼぼんぼん、ぼぼぼぼんぼん、ぼぼぼんぼん、ぼぼぼんぼんぼぼぼんぼん、ぼぼぼんぼんぼぼぼんぼん。

どこまでがイントロか、こうなると分かったもんではないが、とりあえず曲なのだからイントロと他トロがあるはず。

でも、脳内で再生されるときは、延々とイントロが続く。なんでなんだろ。多分神様も知らない。

ぼんぼんぼぼぼんぼん、ぼぼぼぼんぼんぼぼぼんぼん…。

インディナイ、と歌いだすことができない。

たまにはインディナイ、と歌いたい。

そして線路を歩きたい。