光る水面のドブイナジー

書評とイマジンを、だだもらしていこうというヴログ。

<ルポ>東京都北区から茨城県水戸市までママチャリで帰る

ドンタコス。ジャスです。

 

最近自転車がすごいブームですよね、なんか。

フレームがほっそいのとか、タイヤがふっといのとか、なにやら高そうなバイクがそのへんをびゅんびゅん走っていますね。


特になんていうの、あれ、ロードバイクってやつ。10万とかするやつよ(10万でも安い方らしいんだけどネ・・・)。これが多い、非常に多い。

普通に考えてというか、プロや部活で本格的にやっている人以外で、自転車にそんなに金かけることあるアルか!?という感じです。
ヘタしたら車も買える金額・・・(そんな車は嫌だが)。

という感じに高級自転車に疑問を投げかけたりしてますが、
単に僕が貧乏ゆえに嫉妬が湧いているだけなのでしょう・・・。
私だって本当はかっちょいい自転車で風になりたいさ!!

 

そんな私の愛車はママチャリです。
東京に引っ越した時、色々揃えるのにあちこち歩き回るのにうんざりしたので買ってしまいました。
価格は1万8千円。
正直、ママチャリとしてはまあまあ値が張るな・・・と思って買ったのですが、
1万前後の自転車はペダルがやけに重いのでやだったんです。

「そのくらいささやかな贅沢さ!」と爽やかに自分に言い聞かせて買いましたが、すぐ横で10万くらいする電動自転車を買っているおばさんがいました。いや、おばさんていうかマダム。
「自分でこぐのがきついから電動にしてしまうんだろうけど、電動にしたらもっと足使わなくなって、最終的にどんどんきつくなってしまうんじゃなかろうか」
自分が購入している横で私がこう考えていたことなど、マダムは知る由もない。

 

 

ということで念願の自転車を手に入れたのですが、これがまた引っ越しの時に邪魔になること!!!!

自転車をどうするか、私は大いに悩みました。うむ。

持って帰ろうにも段ボールには入らんし、ていうか郵送すると高そうだし、そんな金あったらもっといい自転車買った方がよかったし。

ずいぶん悩んで買った自転車でしたが、もはやただのお荷物・・・。諸行無常を感じました。

ちょっともったいないけど、リサイクルショップに売ってこいつの供養をしよう、そうしよう。

そして意気揚々とアラブ人のやっているリサイクルショップに売りに行ってみた。
しかし彼は(多分)思いがけない反応を見せるのである。

 

「このジテンシャ、買い取れないヨ。どうせ9000円とかで買ったヤツデショ。」

アラブ人なんか嫌いだ。18000円で買ったと言っても信じてくれない。私があえて避けていた最安値の自転車と同等にみなされたのである(それにしても9000円というところがリアルだ、安易に10000円じゃなくて)。

アラブ人が嫌いになった私は、この際自転車を実家まで連れていくことにした。

送ることができないということで、乗っていくしかなくなった。

 

 

グーグルマップで家までの経路を確認してみると、115キロと出た。

所要時間は23時間54分。やけにリアルだ。

歩行速度を時速5キロとすると、自転車は多分時速14,5キロは出るだろうから、

だいたい10時間前後で着く計算。

なんとなく行ける気がした。

考えてみれば一般人が自転車を乗り回すようになったのは、ここ100年~150年のこと(おそらく。正確には知らないけどそんな感じだろう)。

参勤交代に忙しかった大名も、各地を歩いた松尾芭蕉も、村の吾作もこの道を自分の足で進んだ。いや、大名は輿に乗っていただけだろうからノーカウントだ。

とにかく昔の日本男児は自らの足であちこち歩き回っていたという事実を考えると、自転車で行けないわけがない、と思うようになった。

私は故郷に向かってペダルをこぎだした・・・。

 

なんだか長くなってしまったので続きは明日書こう。
明日から早起きして薪割りしなきゃ。

 

 

PS:「チョモランマ」の語感のよさはなかなかのもの。