光る水面のドブイナジー

書評とイマジンを、だだもらしていこうというヴログ。

バターを放置してしまった

今日のはなし。やはり子供と一緒に何かしたり、その行動を見ていると、やたらと気になる事が出てきます。

 

・好き嫌いについて

例えば、食べ物について。何が好きで、何が嫌いかって何がきっかけとなってその嗜好になるんでしょう?

ピーマンが嫌いな子もいれば(大抵の子供は嫌いなイメージがある)、ピーマンが好きな子供もいる。

牛乳が嫌いな子もいれば、好きな子もいる。

なにかしらのきっかけ、原因がないとこの価値判断というか好き嫌いチェッカーは作動しないんじゃなかろうか。

そして私がトマト嫌いなのも、きっとなにかしら理由があるのだろう。

 

もっと感覚的なのがキャラクターの好き嫌い。

トーマスが好きやら、セサミストリートが怖いやら。

こいつらは食べ物と違って、赤ん坊への直接的な影響はない気がする。

苦くもないし、痛くもないし、たぶんあるのはなんとなく嫌な感じ・・・フィーリング。

この種の好き嫌いになるともはや概念、頭のなかの思考作業のタマモノということになる。

 

すごい。すごいよ、赤ん坊よ。

君たちの脳みそでは、本当に毎日のように革新的なアップデートが行われているんだねえ

 

あと、些細な事ではあるが、「そして」という接続詞を使っているのにびびった。

文語体の言葉を使う赤ん坊はなんだか違和感がある。

「だからミルクあっためて」

「したがって、ミルクあっためて」

うーむ。したがって、とかいう赤ん坊がいたらやっぱり怖い。

 

 

本当にいちいち感動するというか、感心させられる存在であります、赤ん坊というのは。

 

 

今日は眠いので早く寝よう。

 

オワリ

 

PS:ゴキブリってバター好きかね・・・?冷蔵庫の外に放置してきちゃった、バター・・・。